エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

ロートルなプロブロガーを目指して

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

エカワ珈琲店はパパママ生業店ですから、パパかママ、どちらかが働くことができなければ商売を続けるのが困難になってしまいます。

先月(2016年1月)、店主の妻が体調不良で入院してしまいました。

もうすぐ退院できるのですが、通院治療が必要で、以前のようには働くことができません。

 

ということで、エカワ珈琲店ですが、今までのような商売を続けられなくなってしまいました。

幸い、エカワ珈琲店の営業形態は店舗兼住宅の軒先商売ですから、それに、公的年金の助けを借りれば通信販売の売上だけでも何とか食べて行けるわけですから、実店舗の営業時間を短縮して定休日を増やせば、細々とですが、商売を続けることができます。

 

コーヒーが一種のブームになっているので、今年は、積極的に業務卸(ホールセール)や店舗販売(コーヒーのテイクアウトを含めて)に挑戦しようと考えていたのですが、それはあきらめることにしました。

 

f:id:ekawa:20111112132922j:plain

(※)Wikipediaの「書店」より引用

 

エカワ珈琲店の店主の若い頃の夢は、出版社を兼ねた小さな書店を経営することでした。

その夢ですが、60代の半ばになって、稼ぎは少ないですが、ほぼ適えることができています。

 

アマゾンのアソシエイトに参加して、本を販売しています。

ブログやサイトに、googleアドセンスを貼り付けています。

アフリエイト広告にも挑戦しています。

有料デジタルコンテンツ(有料記事)の販売もしています。

 

若い人たちの間で、「プロブロガー」という職種が注目されているようです。

若い人たちの間では、すでにブログのメディア化が始まっているのだと思います。

 

「コーヒー豆自家焙煎店」は、エカワ珈琲店の店主世代の専売特許で無いのと同じで、「プロブロガー」も若い人たちだけの専売特許では無いはずです。

ということで、今後、エカワ珈琲店の店主も、若い「プロブロガー」さんたちを真似ながら、本格的に「ロートルなプロブロガー」を目指すつもりです。

応援、よろしくお願いします。