読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

ピラミッド型ビジネスから円錐台型ビジネスへ

マーケティング


★注目カテゴリー

セスゴーディさんに聞いてみよう
昭和ストーリー
珈琲ストアー

★有料記事(珈琲関係)、好評販売中!!
珈琲一般生豆成分焙煎
香りと味焙煎コーヒー豆醸造



頂上の無いピラミッドのことを、幾何学では円錐台と呼ぶのだそうです。

かつて、音楽や出版の世界は、少数のヒットメーカーやベストセラー作家が頂点に位置しているピラミッド構造の産業でした。

音楽や出版のデジタルコンテンツがオンラインで流通するようになって、その構造が円錐台構造に変化してしています。

 

ラジオからヒット曲が流れていた時代、数多くの人たちが音楽で成功することを目指して、その中のほんの僅かな人達だけが音楽の世界で何とか食べて行くことができて、そのほんの僅かな人達の中のほんの一部の人だけが、音楽世界のピラミッドの頂上に位置する成功を手に入れることができたのだと思います。

 

【バリューコマースのアフリエイトプログラムに参加しています】

エカワ珈琲店は自家焙煎コーヒー豆の小売専門店で、前身は昭和30年秋創業の喫茶店です。ですから、喫茶店には親密感を持っています。

「まりひめ塩ヨーグルト」も、海南市の喫茶店「 REICAFE」さんの商品です。

画像またはテキストをクリックすれば、ヤフーショッピング「 REICAFE」さんのストアーページで買い物を楽しんで頂けます。

  REICAFEさんの商品です。 

 

 

ラジオ局が推薦する音楽がラジオから流れていて、その中からヒット曲が生まれていた時代なら、レコーディングスタジオでレコーディングした音楽をレコード店の棚に並べてもらう必要がありました。

そして、レコード店の棚に並べた音楽を販売するのに、ラジオやテレビの協力が必要でした。

 

現在のアメリカの音楽産業ですが、その構造が相当に変化してしまっているようです。

デビッドボーイ、デュランなどのヒットメーカーが活躍していた時代のピラミッド構造から、秀でたヒットメーカーが存在しないけれども、あの頃よりも相当に数多くの音楽家が活躍している円錐台構造へと音楽産業が変化しているようです。

 

音楽産業を目指す人たちの底辺は、ヒットメーカーが活躍していた頃よりも大幅に拡大しているようです。

音楽を販売するために、レコーディングスタジオでレコーディングして、レコードをレコード店の棚に並べる必要が無くなっています。(商品棚は無限大に存在しています)

音楽を流してくれるラジオも音楽を販売するレコード店も、ほとんど必要としなくなっているようです。(インターネットで音楽を流すことができます)

 

これまでよりもより多くの人たちが音楽の世界を目指していて、これまでよりもより多くの音楽が作り出されているようです。

現在、アメリカの音楽産業で発生しているこの現象ですが、近い将来、日本でも発生する可能性があります。

 

というよも、もう始まっているのかもしれません。

note DLマーケットBASE  などのWEBサービスを利用すれば、簡単に自分の音楽を音楽ファイルというカタチで販売することができるわけですから。

 

音楽ビジネスと同じようなことが、書籍・出版ビジネスでも発生しています。

紙を使う書籍・出版ビジネスの全盛時代、巨大書店はベストセラー作家を必要としていました。

ベストセラー本を陳列することで書店の棚の回転率が良くなって、書店は利益を得ることができました。

 

多くの部数を印刷製本して多くの書店の商品棚を確保するビジネスは一種のゲームですから、堅実に稼ごうと考えれば、ベストセラー作家や実績のある出版社の書籍や雑誌が優先されます。

しかし、電子書籍の世界は、全く異なっています。

何の実績も無いエカワ珈琲店でも、デジタルコンテンツなら簡単に出版できてしまいます。

 

現在成長を続けている産業のほとんどは、ロングテール型ビジネスで、簡単に参入することができて、儲け(利益/分配)の大きいビジネスモデルを持っています。

勝者がマスコミの注目を浴びることで、ピラミッドの頂上に位置することができた時代は、もう伝説となりつつあるのだと思います。

音楽産業も書籍・出版産業も、かつてのピラミッド型ビジネスから、新しい円錐台型ビジネスに変化することで、再び、成長を開始できるのだと思います。

 

音楽産業や書籍・出版産業ですが、ピラミッドの頂上が不足しているのではなくて、媒体がデジタルに移行することで、ピラミッドの頂上を必要としなくなっているのだと思います。

そして、ピラミッドの頂上を必要としないということは、音楽産業や書籍・出版産業に参入しようとしている人たちには、良いニュースなのだと思います。

 

少数のピラミッドの頂上に位置している人に集中していたお金が、数多くの人たちに分配されるようになって、ピラミッド型ビジネスの時代には考えられなかったくらいの数多くの人たちが、音楽や書籍・出版の仕事で食べて行けるようになる可能性が高いわけですから。 

 

【参考にさせて頂いたブログ記事】