読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

零細生業パパママ店が、ウォーターベッド効果の犠牲にならない方法

マーケティング

大手小売事業者は、その購買力・販売力を背景にして、納入業者から安い価格で商品を仕入れることで、コストの削減と収益の拡大が可能となります。

納入業者は、大手小売事業者からの値下げ要求に対して、効率化で対応しようとするのですが、それでも対応できない場合は、一定の利益を確保するために、力の無い小規模な一般小売店に対する納入価格を引き上げます。

 

 

そうすると、小規模一般小売店のコストが上昇することになるので、大手小売事業者との競争で不利になります。

大手小売事業者は、安く仕入れることによる効果と競争相手のコストを上昇させて価格競争力を奪うという効果の、二重の効果を得ることができます。

このような現象を、ウォーターベッド効果とマーケティングの世界では呼んでいます。

 

エカワ珈琲店は小規模零細の小売事業者ですが、主力商品の焙煎コーヒー豆は、自店にて焙煎加工しています。

コーヒー関連商品についても、スーパーマーケット・量販店・チェーン店と競合する商品は、利益を得る目的ではなくて、お客さんの便利だけを考えて販売しています。

ですから、ウォーターベッド効果の被害を被ることもありません。

 
ということで、ウォーターベッド効果の被害にあわない方法は唯一つ、大手小売事業者と競合しない商品だけを商うことだと考えています。

 

以上は、2010年10月1日に「エカワ珈琲店の出来事」に投稿した記事の再掲載です。

そして、エカワ珈琲店ですが、自家焙煎コーヒー豆という商品を持つことによって、零細生業パパママ店規模のままで、2016年の現在、それなりの商売を続けています。

 

今日(2016年5月12日)、上記の記事を読み直して、そして、エカワ珈琲店のこれまでの体験から、零細生業店を含めて独立系の小規模小売事業者や飲食事業者は、大手小売事業者や大手飲食事業者と競合しない商売に徹するべきだと、あらためて考えました。

 

例えば、独立系の喫茶店・カフェ・レストランの場合、焙煎したコーヒー豆を含めて、食材の仕入先が大手飲食事業者と同じ会社からだったとしたら、それだけで、独立系事業者が不利な状態にあるのだと思います。

大手飲食事業者には、「ウォーターベッド効果」という強い味方があるわけですから。

 

ということで、コーヒーで勝負する商売をするのなら、コーヒー豆の自家焙煎は絶対必要条件だと考えているエカワ珈琲店の今日この頃です。

 

note に収録しているコーヒー豆の焙煎に関する記事を幾つか紹介させて頂きます。

エカワ珈琲店流、独学のためのコーヒー豆自家焙煎練習方法

コーヒー豆焙煎のエクササイズ 

お金になる焙煎方法/コーヒー豆焙煎(コーヒーロースティング)のコツ 

 

【1年以上前の過去記事】

コーヒー店の最適立地は、スターバックスコーヒーの隣にあるのかもしれません

【3か月以内の最近の記事】

地域密着型小売店の教科書的マーケティング