読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

『さおだけ屋はなぜ潰れないの』と『ヒューマン2.0』

エカワ書店


★注目カテゴリー

セスゴーディさんに聞いてみよう
昭和ストーリー
珈琲ストアー

★有料記事(珈琲関係)、好評販売中!!
珈琲一般生豆成分焙煎
香りと味焙煎コーヒー豆醸造



何年か前、当時ベストセラーになっていた光文社新書『さおだけ屋はなぜ潰れないの』という本を読みました。

潰れない理由ですが、簡単でした。

さお竹屋は、その商売だけで生活しているのではなくて、他にも仕事を持っているからでした。

 

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

 

 

 

『さおだけ屋はなぜ潰れないの』には閑そうなレストランの話も載っていて、何故、そのレストランが営業を続けられるのかというと、副業(複業)の料理教室で稼いでいるからだと書いています。 

コミック版 さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

コミック版 さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

 

 

同じ頃、朝日新聞新書の『ヒューマン2.0』という本も読みました。

シリコンバレーの高収入のフリーランス(個人事業者)でも、いつ失業するかもしれないということで、副業(複業)を持っている人が多いと書いてありました。 

ヒューマン2.0 (朝日新書)

ヒューマン2.0 (朝日新書)

 

 

「エカワ珈琲店のブログ」内の複業に関する記事

複業=メインの仕事+サブの仕事

複業という働き方

複業が当たり前の時代に・・・

 

フリーランスの花形職業でもある芸能人、昭和30年代の有名な役者さんや歌い手さんには、副業(複業)を営んでいた人が数多くいたそうです。

理由は、役者や歌い手の仕事が来なくなった時に備えて、ということでした。

 

国土の狭い日本でフリーランス(個人事業者)の代表といえば、個人商店や個人工場の経営者だとエカワ珈琲店は考えています。

昔なら、その道を極めれば、食べるに困ることが無かったわけですが、時代が変わってしまいました。

 

現在(2010年代)のフリーランスは、2つ以上の仕事を持っていなければ、浮き沈みに対応できないのではと、最近、考えるようになってきました。

何はともあれ、フリーランス(個人事業者)というものは、最先端の今風の職業なのですから、今風の生活スタイルに挑戦する必要があるのかもしれません。

 

参考までに・・・

エカワ珈琲店が、これまで20数年間渡って蓄積して来た珈琲に関する知識・技術・経験を読める化して、note のシステムを通じて有料販売(デジタル記事の販売)しています。

エカワ珈琲店の複業の一つです。