エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

コーヒーノキの栽培

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

『コーヒーノキの栽培』では、「コーヒーを生物学的に/コーヒーバイオロジー」「コーヒーノキの栽培について/アラビカ種とロブスタ種」、「コーヒーノキの栽培方法と環境」と、エカワ珈琲店はこのように理解しているというタイプの3つの記事を掲載しています。

 

f:id:ekawa:20160516191202j:plain

(記事の内容とは、全く関係の無い写真です。)

 

コーヒーを生物学的に/コーヒーバイオロジー

コーヒーノキは、アカネ科の植物で常緑の熱帯性低木です。

コーヒーノキの多くは五弁の白い花を咲かせて、ジャスミンのような良い香りを放ちます。

それぞれの果実には、2個のペアーになった種子が含まれていますが、時々、丸い種子が1つだけ含まれている果実もあります。

アラビカ種は自家受粉ですが、ロブスタ、エクセルサ、リベリカなどの種は他家受粉です。

 

コーヒーノキの栽培について/アラビカ種とロブスタ種

アラビカ種とロブスタ種の2つの種が、主要な栽培種として知られていて、アラビカ種は、ロブスタ種よりも高い評価を受けています。

ロブスタ種は、アラビカ種よりも病虫害に強いのですが、アラビカ種よりも苦味があって風味が劣っています。

そのような理由から、世界で栽培されているコーヒーノキの約4分の3以上をアラビカ種が占めています。

 

コーヒーノキの栽培方法と環境

コーヒーノキの栽培方法ですが、熱帯林の木陰の下でコーヒーを栽培する伝統的な栽培方法と、熱帯林を切り開き、太陽の日差しをさえぎるものが何も無い状態でコーヒーだけを栽培する栽培方法が知られています。

前者は、熱帯林の木陰の下でコーヒーを栽培する伝統的な栽培方法で、シェイド・グロウン(Shade grown)と呼ばれています。

後者は、熱帯林を伐採して太陽の日差しを遮るものが何も無い状態でコーヒーだけを単一栽培する栽培方法で、サン・グロウン(sun grown)と呼ばれています。

 

プロローグ部分は以上です。この記事の全文は、note にて有料で販売しています。

有料になりますが、購入して頂ければ幸いです。

 ↓↓↓

note.mu

エカワ珈琲店が運営・管理しているブログ

珈琲手帳

珈琲とレストランと食品販売

和歌山探訪

After60