読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

コーヒー生豆の生産

コーヒー豆は、エチオピアを原産地とするアカネ科コーヒーノキに成る果実の種です。

多くの国々では、労働集約型の手作業でコーヒー果実を摘み取る作業を行っていますが、ブラジルの農場のように比較的平坦で大きな農場では、コーヒー果実の収穫は機械化されています。

そして、その収穫したコーヒー果実を精製処理して、コーヒー生豆として出荷できる商品に仕上げる工程が、「コーヒー生豆の生産」工程です。

 

コーヒー生豆 

コーヒーノキの果実(コーヒー果実)は、コーヒー生豆(種子)、果肉、果皮で構成されていて、最も内側に存在しているのがコーヒーの種子(コーヒー生豆)です。

コーヒーの品種としては、アラビカ種とロブスタ種が有名です。

コーヒーノキは、コーヒーベルトと呼ばれている熱帯・亜熱帯地方の国々で栽培されています。

 

コーヒー果実の果皮(外皮)と果肉(パルプ)部分を取り除く精製工程を経て、コーヒー生豆を取り出します。

コーヒー果実からコーヒー生豆を取り出す精製工程ですが、非水洗式(ドライ)と水洗式(ウォッシュド)という2種類の方法が有名です。

一つのコーヒー果実から、普通は二粒、時には一粒のコーヒー生豆が採取されます。

 

f:id:ekawa:20140923121605j:plain

【出典はWikipedia(英語版)ですが、英文の部分を日本語に翻訳しています。】

 

f:id:ekawa:20140923121653j:plain

【出典はWikipedia(英語版)ですが、英文の部分を日本語に翻訳しています。】

 

コーヒー豆の生産

コーヒー豆の生産は、コーヒーノキに実っている(未加工の)果実の種子を、製品(商品)としてのコーヒー生豆に変換する作業工程です。

 

コーヒー生豆の生産工程には、以下のように色々な工程があります。

(1)摘み取り

(2)精製処理

(3)脱穀、選別、格付け

(4)エイジングや脱カフェイン

(5)コーヒー豆の保管

(6)焙煎

 

コーヒー豆の処理工程

コーヒーの果実とそれらの種子は、一般的に知られている焙煎されたコーヒー豆になるまでに、幾つかの処理工程を経験しています。 

コーヒーの果実を摘み取る作業ですが、労働集約型の手作業による収穫方法と、機械などを使って効率的に収穫する方法が知られています。 

 

収穫したコーヒー果実からコーヒー豆を取り出す工程を、コーヒー豆の精製と呼びます。 

コーヒー豆の精製方法として一般的に知られているのは、ドライ・プロセス法(乾燥式/アン・ウォッシュド)とウェット・プロセス法(水洗式/ウォッシュド)の2種類の精製方法です。

ドライ・プロセス法とウェット・プロセス法の基本的な違いは、コーヒー豆に付着している果肉と粘着物を、乾燥させる前に取り除くかどうかの違いです。

 

f:id:ekawa:20140727124224j:plain

【アフリカンベッド/乾燥テーブル。Coffee Net Work /㈱兼松のサイトより引用】

 

コーヒーを乾燥させる最良の方法は、ドライング・テーブル(乾燥テーブル)を使う方法です。

コーヒーの果実や発酵させたコーヒー豆を、高床式のベッドの上に薄く平らに拡げて乾燥させる方法が、ドライング・テーブルを使う乾燥方法です。 

コーヒー豆を乾燥させるもう一つの方法は、コンクリート・パティオ(コンクリートの庭)にコーヒー豆を薄く平らに拡げて乾燥させる方法です。 

 

この記事の全文は、note にて有料で販売しています。

記事全文で約3300字、エカワ珈琲店が管理運営している「エカワ珈琲店のブログ」では、そのうちの約4割(約1300字)を掲載しています。

記事全文は、こちらから購入して頂けます。

  ↓↓↓

note.mu

エカワ珈琲店が運営・管理しているブログ

珈琲手帳

珈琲とレストランと食品販売

和歌山探訪

After60