エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

頑張らないのが生業商売

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

もし、頑張らないで気楽に働きながら楽しく人生を過したいと考えるなら、生業規模の家族営業で、住居兼店舗、住居兼事業所という感じの商売を営むに限ります。

仕事場イコール住居ですから、仕事と生活の境目があやふやで、日常生活の延長として仕事をこなしているという感じで、だらだらと気楽な日々を経験することができます。 

ビジネスエリートの新論語 (文春新書)

ビジネスエリートの新論語 (文春新書)

 

 団塊の世代ですから、司馬遼太郎さん著作のほとんどを読破しています。しかし、「ビジネスエリートの新論語」という表題の本は、読んだことも見たこと聞いたこともありません。興味を持っています。

 

そのような暮らし方ですが、ひと昔前なら、絶対に成り立たない暮らし方だったわけで、昔ながらの、数多くの生業規模の住居兼店舗が街中から姿を消して行ったのが、それを証明しています。

だけど最近、少しだけですが、様子が変わってきています。

住居兼店舗で、それほど頑張るわけでもなくて、だらだらと仕事をこなしているとしても、何とか暮らしていけるだけの収入を確保できる時代になりつつあるのだと思います。

 

時代が流れて環境が変化したからで、その環境変化に少しだけ適応できれば、それで何とかなるわけです。

そして、環境の変化に少しだけ適応することなど、それほど頑張らなくても、ちょっとだけ努力すれば誰でも可能なことだと思います。

 

その、ちょっとだけの努力ですが、自分自身の知識と技術を磨くための教育投資なのだと考えています。その教育投資は、間違いなく何倍かになって、自分自身に返ってくる効率の良い投資です。

 

ということで、頑張らないで気楽な暮らしがしたいなら、エカワ珈琲店のこれまでの経験から、住居兼店舗(事業所)で生業規模の商売を営むに限ると考えるわけですが、それほど頑張らないわけですから、たくさん稼いだとしても、日本人の平均世帯年収くらいが限度です。

それ以上の稼ぎを求めるなら、住居兼店舗(事業所)の生業商売から脱出する必要があるわけで、相当な頑張りと努力が必要となってきます。