Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

喫茶店の盛衰

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

20世紀中頃以降の日本において隆盛をきわめ、世紀末の10年から15年の間に衰退してしまった「喫茶店」について考察してみました。

カフェという場のつくり方: 自分らしい起業のススメ

カフェという場のつくり方: 自分らしい起業のススメ

 

 2017年1月末現在、エカワ珈琲店のアマゾンアソシエイトを通じて一番売れている本です。 

 

店舗数が隆盛をきわめていた頃の喫茶店は、同じような内装、同じようなメニュー、同じような香味のコーヒーのオンパレードで、それぞれが個人店であるはずなのに、まるでチェーン店のような趣きでした。

その頃の喫茶店は、店を開けて、ただお客さんがやって来るのを待っているだけで商売が成り立っていたわけです。

 

1980年代の後半あたりから、喫茶店や珈琲専門店の衰退が始まります。

別に、喫茶需要が減少したわけではありません。お客さんが喫茶店の代わりに、ファミリーレストランやファーストフードの店を利用するようになっただけです。

 

2000年代の中頃、40歳代後半から70歳代前半くらいまでの世代が喫茶店に戻って来てくれれば、喫茶店は復活するという意見が存在していました。

しかし、彼ら・彼女らは、昔ながらの喫茶店を利用する必要性を感じないから、喫茶店を利用しなくなったのだと思います。

 

記事の一部分を掲載しています。記事全文はnote にて有料で公開している「喫茶店の物語」の中に掲載しています。

エカワ珈琲店は、これまで蓄積して来た珈琲に関係する経験・知識・技術を記事という形で読める化して、note を通じて有料で販売しています。

  ↓↓↓

note.mu