Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

あれから1年、自家焙煎コーヒー豆小売商売でも頑張るつもりです

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

今日(2017年2月28日/火曜日)、確定申告の書類を和歌山税務署に提出して来ました。

昨年(2016年)の1月下旬から2月下旬までの約1か月間、エカワ珈琲店主の連れ合いが体調不良で入院していて

わ、退院してからも通院治療ということで、5月の中頃までは、臨時休業することが多くて商売になりませんでした。

 

今年は、やよいの白色申告オンライン を使って確定申告をしましたが、来年は、やよいの青色申告オンライン を使って申告するつもりです。間違いなく、増収・増益になる わけですから。節税しなければ・・・。

 

その後も11月頃までは、店主一人で商売を切り回していたので、店舗販売も通信販売も、常連のお客様だけに何とか対応させて頂けるという商売を続けていました。

12月頃から連れ合いに手伝ってもらえるようになって、最近(2017年2月)、ようやくにしてパパママ店の商売ができるようになりました。

 

ということで、2016年の営業収入は大幅に減少しています。

幸い、全労災と県民共済の医療共済に加入していたので、大幅に増加した医療費と減収分は、その共済給付金(入院給付金や手術給付金)で何とか賄うことができました。

医療共済様々で、全労災と県民共済の医療共済に加入していなかったらと考えると、背筋が寒くなります。

 

パパママ店の商売ができるようになったのですから、この3月からは、もう少しというよりも、相当に積極的な商売をして行こうかと考えています。

自家焙煎コーヒー豆小売商売は、基本的に地域密着型の商売だと思います。

エカワ珈琲店ですが、21世紀に入ってしばらく経ってから去年の夏くらいまでの十数年間、その地域密着の商売が成り立たない環境にありました。

 

もちろん原因があるのですが、その原因も取り除かれたみたいなので、今後は地域密着商売にも積極的に挑戦して行こうかと考えています。

コーヒー豆の焙煎加工能力にも余裕があるので、並行して、通信販売の新規顧客獲得にも挑戦してみるつもりです。

 

ものづくりに生きる (岩波ジュニア新書)

ものづくりに生きる (岩波ジュニア新書)

 

何故か、エカワ珈琲店は蔵書しています。もちろん、読んでいます。

 

去年(2016年)の今頃は、自家焙煎コーヒー豆小売販売の縮小やむなしと考えていて、珈琲関係の有料記事の販売やクリック広告、それにアフリエイト広告で稼ぐ方向でしのごうかと考えていました。

そのことを考えると、今 (2017年2月)は、本当に夢の中にいるような気分てす。

 

ちなみに、珈琲関係の有料記事の販売やクリック広告、それにアフリエイト広告での稼ぎですが、まだまだ・・・・・です。

しかし、これから伸びて行くだろうという予感があります。