エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

昭和45年のベストセラー青春小説「赤頭巾ちゃん気をつけて」

  

   

 

 

1970年の1月から3月にかけて、「芥川賞」を受賞したばかりの小説、『赤頭巾ちゃん気をつけて』がベストセラー街道を突っ走っていました。

エカワ珈琲店の店主(エカワ青年)は、高校の卒業式をまじかに控えた、流行や宣伝に弱い少し軽薄なタイプの青年でしたから、新聞広告の何十万部突破という宣伝に踊らされて、『赤頭巾ちゃん気をつけて』の単行本を購入しました。

 

主人公は、当時のエカワ青年よりも1歳年上の『薫(かおる)」という青年です。

時代設定は、1969年の春で、ちょうど1年前の、ある1日だけの物語です。

薫くんは、成績優秀な高校生で、東京大学を受験するつもりでした。

しかし、当時、流行っていた大学紛争のあおりで、その年、東京大学の入試が中止になってしまいました。

 

赤頭巾ちゃん気をつけて 改版 (中公文庫)

赤頭巾ちゃん気をつけて 改版 (中公文庫)

 

 

1年間、大学受験浪人をして、翌年、東京大学を受験しようか、それとも今年、他の大学を受験しようか迷っている薫青年の1日を、「ぼく」という一人称を使って描いた日記風の小説です。

 

この小説を読んで、それほど感動というようなものを感じた記憶は残っていません。

ただ、『バカバカしさの真っ只中』という言葉が、印象に残っているだけです。

この小説の作者は、庄司薫さんで、その後、ピアニストの中村紘子さんのご主人になられた方です。

 

ぼくの大好きな青髭 (中公文庫)

ぼくの大好きな青髭 (中公文庫)

 

 

『赤頭巾ちゃん・・・』のあと、数年の間に、「薫くん」を主人公に、『怪傑黒頭巾』、『青ひげ』、『白鳥』という言葉を使った題名の小説を執筆しています。

『赤頭巾ちゃん気をつけて』は、東宝で映画化され、東映グループ会長(2017年4月現在)の岡田裕介さんが、主役の「薫くん」を演じていました。

 

それからから、30数年間が経過しています。

「薫くん」が主人公の赤・黒・青・白の4作品を発表した後、現在(2017年)まで、「薫くん」が主人公の新作は発表されていません。

 

『赤頭巾ちゃん気をつけて』が発表された頃、エカワ青年は18歳でしたから、『バカバカしさの真っ只中』という言葉を、実感することができませんでした。

65歳になった今(2017年)なら、『バカバカしさの真っ只中』という言葉を、十分に実感することができます。

 

「薫くん」ですが、大学を卒業して、一流企業orエリート官僚として定年まで勤めあげて、還暦を越えて、今(2017年)は、悠々自適の生活に入っているか、まだ何かの役職に就いているか、それとも、想像とは違った人生を歩んでいるのか、現在(2017年)の彼の日常と思考に大変興味があります。