エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

「もはや戦後ではない」(昭和31年)、そして「テレビが我が家にやって来た」(昭和33年)

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

「もはや戦後ではない」は、昭和31年の経済白書に使われていた言葉で、当時の流行語です。

日本の社会には貧しさが蔓延していたのですが、何となく、未来に光が見え始めていた時代だったのだと思います。

昭和33年、エカワ家にテレビがやって来たわけですから・・・。

   

昭和30年代の家計簿 (別冊宝島 2492)

昭和30年代の家計簿 (別冊宝島 2492)

 

 

「もはや戦後ではない」で有名な昭和31年の経済白書は、敗戦後の「どん底からの経済復興」の時代が終了して、未来に少し希望を持つことの出来る時代の到来を予言しててたのだと思います。

ekawa.hatenadiary.jp

 

その昭和31年、日本の映画業界は「我が世の春」を謳歌していたのだと思います。

映画製作を再開した日活による俳優引き抜きを封じる目的で、東宝・松竹・東映・大映・新東宝の5社が、「邦画5社協定」と呼ばれる協定を結びました。

その後、無名の俳優を起用した日活アクション映画が大ヒットして、日活対策の必要性が無くなって、日活も参加する「6社協定」となったのですが、昭和36年に新東宝が倒産して、再び「5社協定」となったと伝えられています。

ekawa.hatenadiary.jp

 

昭和30年代の前半は、長距離交通の手段は列車だけで、朝早く東京を出発して、大阪到着が夕方という時代で、キップの購入や座席取りは難事業で、通路やデッキにまで人が座り込んでいて、冷房は無くて、天井に大きな扇風機が回っていたそうです。

昭和31年、東海道全線が電化されて、2年後の昭和33年には電車が走っています。

ekawa.hatenadiary.jp

 

クレージー・ケンバンドの曲に、1960年代をテーマにした「長者町ブルース」というのがあります。

昭和31年当時、その横浜市長者町にあったイタリアンレストランのメニューでは、コーヒー1杯が50円、カレー1皿が100円となっています。

ekawa.hatenadiary.jp

 

昭和32年9月、大阪市の京阪本線千林駅前商店街に、後に日本一の小売業者となる『主婦の店ダイエー』がオープンしました。

ダイエーの出現によって、日本にスーパーマーケット時代の幕が開いたわけですが、初期のスーパーマーケットの売り物は、商品の値段の安さでした。

薄利多売という、当時としては革新的な技術を駆使することで、その後、スーパーマーケット業界は急成長して行きました。

ekawa.hatenadiary.jp

 

昭和30年代、デパートの屋上遊園地などに行くと、ジュースの噴水が見える自動販売機が置かれていました。

星崎電機の創業者が、アメリカ視察で知った「ウォータークーラー」にヒントを得て、昭和32年5月に完成させたのが、この噴水ジュース自動販売機です。

透明な容器の中で、オレンジ色のジュースが噴出していて、『10円噴水ジュース』と呼ばれて、爆発的な人気を得ていました。

ekawa.hatenadiary.jp

 

昭和33年(1958年)の5月頃、その時代、まだまだ珍しかったテレビ受像機が、我が家に突然やって来ました。

エカワ家は喫茶店を営んでいたので、テレビが我が家にやって来たその日から、夜(閉店後)は、近所の人でごった返していました。

昼間もまた、テレビを見にくるお客さんで、ごった返していました。

ekawa.hatenadiary.jp

 

昭和33年の視聴率ランキングは、①スーパーマン②プロ野球日本シリーズ③おトラさん④私の秘密⑤サーカスボーイ⑥名犬リンチンチン⑦お笑い3人組⑧ダイヤル110番⑨月光仮面⑩名犬ラッシーとなっています。

ekawa.hatenadiary.jp