エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

生産財としての焙煎コーヒー豆、消費財としての焙煎コーヒー豆

  

   

 

 

焙煎コーヒー豆には、生産財的側面と消費財的側面があるのだと思います。

喫茶店や飲食店、オフィスコーヒーで使われる焙煎コーヒー豆は生産財で、百貨店・量販店・コーヒー豆専門店で小売販売される焙煎コーヒー豆は消費財なのだと思います。

 

 

生産財と消費財とでは、同じ焙煎コーヒー豆であっても、売り込み方法が違ってくるのだと思います。

日本には、大・中・小・零細と、数多くのコーヒー豆焙煎加工事業者が存在していて、その事業者の大半は、生産財として焙煎コーヒー豆を商っているのだと思います。

 

生産財として焙煎コーヒー豆を商う場合、その対象は喫茶店・飲食店などの事業者ということになります。

一方、消費財として焙煎コーヒー豆を取り扱う場合、一般の消費者を対象に焙煎コーヒー豆を取り扱うことになりますが、この分野を手がけているのは、大手の事業者と個人経営の零細事業者だけなのだと思います。

 

消費財として焙煎コーヒー豆が取り扱われている場合でも、百貨店・量販店・生協などの流通小売業者で再販売される場合と、大手・中堅コーヒー企業の直営店で小売販売される場合と、エカワ珈琲店のような零細な珈琲屋の店舗で小売販売される場合があります。

 

焙煎コーヒー豆の消費財市場の大半は、百貨店・量販店・生協などの流通小売事業者で占められていて、大手・中堅のコーヒー豆焙煎加工事業者と限定された中規模コーヒー豆焙煎加工事業者が焙煎コーヒー豆を供給しています。

そして、焙煎コーヒー豆を供給している大手・中堅コーヒー企業は、流通小売事業者の店舗での自社商品のシェアを高めるための営業活動をしています。

 

エカワ珈琲店のような零細個人事業者は、通称『コーヒー豆の自家焙煎店』と呼ばれていて、営業力も流通小売事業者へのコネも無いわけで、だから自ら焙煎加工したコーヒー豆を、自らの店舗で消費者に直接小売販売しています。

焙煎コーヒー豆の消費財市場で『コーヒー豆の自家焙煎店』の占める割合はごく僅かなのですが、最終顧客である一般の消費者と直接対応しているわけですから、お客さんの動向を逸早く把握することができます。

 

消費財商品の売れる売れないは、財布のひもを握っている最終顧客(一般の消費者)の動向によって決まるのだと考えています。

焙煎コーヒー豆について一般消費者の動向を把握するのに、一番適しているのが『コーヒー豆の自家焙煎店』だと考えています。

 

そして、自家焙煎コーヒー豆小売店の場合、開業して数ヶ月以内、長くとも1年以内に利益を出せる店でなければ、一般消費者の動向を調査・把握できていない店ということになるのだと思います。