江川珈琲店のブログ

「エカワ」は音声検索で表示され難いようなので、またまた、「江川珈琲店のブログ」にブログタイトル名を変更しました。

グルメ(スペシャリティー)コーヒー市場の将来性

地域を拠点とする珈琲屋だから供給できる「煎りたて、新鮮な」スペシャリティー(orグルメ)コーヒーですが、高付加価値で成長が見込めるコーヒーの有望ニッチ市場なのだと感じています。 

 

 

コーヒー市場占有率で世界第1位と第2位を占めるネスレとJABが、相次いでスペシャリティー(orグルメ)コーヒー市場のトップランナーたちを傘下に収めているわけですから、そのように考えても何ら不自然では無いのだと思います。

 

アメリカのレストラン業界は、付加価値の高い「煎りたて、新鮮な焙煎コーヒー豆」に注目していて、実際に、「煎りたて、新鮮な焙煎コーヒー豆」で淹れるコーヒーをメニューに載せるレストランが増加傾向にあるようです。

例えば、雑貨屋さん兼ファミリーレストランのCracker Barrel Old Country Store(クラッカーバレルオールドカントリーストアー)は、付加価値の高い「煎りたて、新鮮な」スペシャリティー(orグルメ)コーヒーに注目している飲食店チェーン企業なのだと思います。

 

日本でもハンバーグレストランの「びっくりドンキー」が、自家焙煎した「煎りたて、新鮮な」スペシャリティー(orグルメ)コーヒー豆を使って淹れたコーヒーを提供しています。

 

「煎りたて、新鮮な」スペシャリティー(orグルメ)コーヒー市場の占有率は、アメリカ(北米大陸)で10%未満だと言われているので、日本での占有率は、その3分の1以下くらいだろうと推測しています。

ということで、今後、レストランや喫茶店のメニューに「煎りたて、新鮮な」スペシャリティー(orグルメ)コーヒーが掲載されるようになれば、家庭向け市場も含めて相当な成長が見込める市場だと考えています。

 

参考になるかもしれない記事

(1)自家焙煎コーヒー豆は付加価値の高い商品

(2)コーヒーメニューがレストラン経営を支えてくれるかもしれません

(3)コーヒーに「こだわる」というサービス