江川珈琲店のブログ

「エカワ」は音声検索で表示され難いようなので、またまた、「江川珈琲店のブログ」にブログタイトル名を変更しました。

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

投資は混乱(不透明)を嫌うのだと思います

 

エカワ珈琲店の珈琲情報館」は、珈琲の基礎知識とエカワ珈琲店を紹介してているサイトです。ホームページ作成ソフト【Jimdo】 で作っています。

エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆は、【おちゃのこネット】 を利用して作成した手づくりサイト「エカワ珈琲店ショッピングサイト」を通じて購入して頂けます。 

 

経営者が新しい事業に投資するには、あるいは、新しく設備投資(新しい技術や機械に)を行うには、投下資金を安全に間違い無く回収できると信じられる未来が必要なのだと思います。

投資は混乱(不透明)を嫌うのだと思います。将来に渡って安定した経済環境(or経済の成長)が続くだろうと信じることができて、初めて投資の意思決定者は、投資にゴーサインを出すのだと思います。

 

竜馬がゆく (新装版) 文庫 全8巻 完結セット (文春文庫)

竜馬がゆく (新装版) 文庫 全8巻 完結セット (文春文庫)

 

文春文庫が出版界にデビューした頃、20歳前後の頃だったと思います。文春文庫版の「竜馬が行く」全8巻を2週間ほどかかって読破した思い出があります。歴史小説なのですが、若い頃のエカワ珈琲店の店主にとっては青春小説でした。 

 

エカワ珈琲店は零細生業パパママ店で、店主は66歳、店主の連れ合いも病弱ですから、それと、自分に与えられている経済活動が行える残された時間を考えると、現在の事業(自家焙煎コーヒー豆小売店)で新たな投資をする気持ちにはなれません。もちろん、新しい事業(例えば喫茶店)に投資する気持ちも無くなっています。

 

年金だけでは食べて行けないので、それに銀行からの借入金が残っているので、自家焙煎コーヒー豆小売商売は続ける必要があるのですが、食べるのと借入金返済の資金が稼げればよいわけですから、週休2日~3日で1日の営業時間が数時間という働き方でも、何とか暮らして行けます。

 

ということで、店主が高齢者の仲間入りをしていて、自分たちの未来について相当に不透明なエカワ珈琲店としては、これまでの商業的蓄積に依存する通信販売中心の商売に徹するのが一番賢明だと考えている今日この頃です。

  

sethgodin.typepad.com