江川珈琲店のブログ

「エカワ」は音声検索で表示され難いようなので、またまた、「江川珈琲店のブログ」にブログタイトル名を変更しました。

日本のコーヒー市場は、消費者購入ベースで市場規模が2兆9000億円に

全日本コーヒー協会会長の横山敬一氏(味の素AGF)が、1月9日(2018年)に大阪市で開催された全日本コーヒー協会新春賀詞交歓会で、2017年の日本のコーヒー市場を振り返って以下のように冒頭であいさつしたと報じられています。

「昨年のコーヒー消費量は過去最高水準を確保した。市場規模も消費者購入ベースで2兆9,000億円になった模様で、これは会員各位の新たな需要の創造や新製品の開発といった取り組みの賜物・・・」

www.ssnp.co.jp

 

エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆の売上は低迷していますが、日本のコーヒー市場は好況を謳歌しているということなのだと思います。

街角や仕事場で飲むコーヒー消費量も家庭で飲むコーヒー消費量も、どちらも拡大傾向にあるから、日本のコーヒー業界(特に大量生産・大量消費系の大手コーヒー企業)が活況を呈しているのだと思います。

 

コーヒー消費量が過去最高水準を確保していて、消費者購入ベースで市場規模が2兆9000億円に達しているわけですから、コーヒーは特別な飲み物では無くなっていて、ごく一般的な日常飲料の地位を確保しているのだと思います。

この日本のコーヒー業界の活況ですが、場末の小規模零細パパママ経営の自家焙煎コーヒー豆小売専門店にも、相当な追い風となるのは間違いありません。

 

 

 

脱サラして自家焙煎コーヒー豆小売ビジネスを開始して約30年、初めて経験する現象です。

もう少し若ければと悔しさは感じますが、まだまだ働き続ける必要があるわけですから、老骨に鞭打ってコーヒー市場活況のおこぼれに授かりたいと考えているエカワ珈琲店の店主(66歳)の今日この頃です。

 

追記/2018年10月19日

ここ3年間、エカワ珈琲店の生活環境ですが、商売に集中できる環境では無くて、週休3日で総営業時間も、数年前の3分の1くらいにまで縮小せだる得ませんでした。

年齢を考えると、数年前のようなビジネスはもう無理ですが、可能な範囲で焙煎コーヒー豆ビジネスを頑張ってみようかと考えています。

年齢が年齢ですから、単純なことを複雑にして付加価値をつける高度なビジネスは無理だと思いますから、単純なことは単純なままで、これまでの珈琲人生の経験・技術・知識の蓄積という部分で、少しだけ付加価値を付けさせて頂くビジネスに徹しようかと考えている今日この頃です。