江川珈琲店のブログ

「エカワ」は音声検索で表示され難いようなので、またまた、「江川珈琲店のブログ」にブログタイトル名を変更しました。

アマゾンでお金を稼ぐ3つの方法

アマゾンのシステムを活用してお金を稼ぐ方法には、3つの方法があるのだと思います。そして、その3つの方法を活用する術をエカワ珈琲店は持っています。現在(2018年10月)、その3つの方法の中の2つの方法に挑戦しています。

3つの方法とは、(1)アマゾンで商品を販売する、(2)キンドルで電子書籍を販売する、(3)アマゾンアソシエイトを貼り付けて成果報酬を得るの3つです。その中で、『(2)キンドルで電子書籍を販売する』方法だけは利用していません。

 

(1)アマゾンで商品を販売する

エカワ珈琲店の場合、アマゾンでお金を稼ぐ方法の中で一番手っ取り早く稼げる方法は、焙煎コーヒー豆やコーヒー生豆をアマゾンを通じて販売する方法だと思っていました。しかし、アマゾン経由で焙煎コーヒー豆やコーヒー生豆を販売するとなると、毎月5000円近くの出店料が必要です。

ということで、出品に躊躇していたのですが、今年(2018年)の7月から、思い切ってアマゾンマーケットプレイスに出品することにしました。 

  アマゾンに出品しているエカワ珈琲店の商品

2018年10月6日の時点で、まだ8商品しか出品できていません。簡単に出品できると思っていたのですが、慣れていないのでなかなか出品作業がはかどりません。

できれば、今年中に、エカワ珈琲店のほぼ全商品を出品したいと考えているのですが・・・。

アマゾンに出品すれば、簡単に商品が売れて行くと考えていたのですが、どうも甘かったようで、まだほんの少ししか売れていません。只今、赤字街道を走っています。

ちなみに、アマゾンの場合、商品をアマゾンの倉庫に預けておいて、注文が入ればアマゾンから出荷してもらうという方法も取れます。このシステムを利用できれば発送業務が必要なくなるので、旅行しながらでも稼ぐことが可能だと思います。

でも、焙煎コーヒー豆でその手法は使えません。コーヒー生豆なら可能かもしれませんが・・・。

 

(2)キンドルで電子書籍を販売する

Kindle Direct Publishing(KDP/キンドルダイレクトパブリッシング)を使って電子書籍を出版・販売する方法も、電子書籍向けに編集可能な記事を幾つも持っているわけですから、編集さえできれば販売できるはずです。

現在(2018年10月)、noteで有料販売している記事やブログで公開している記事を編集して、キンドルの電子出版に挑戦してみようと考えているのですが、まだ実現していません。

   

ちなみに、現在(2018年10月)、noteにて有料記事を約70記事販売しているのですが、1つの記事だけが数多く売れるわけではなくて、色々な記事が少しずつ売れて行きます。販売収入は、記事数に比例しています。

  (参考)noteで一番売れている有料記事

おそらく、キンドルの電子出版も同じような傾向を示すのだと思います。だとすると、電子書籍の出版数と販売収入が比例するはずです。

キンドルの電子出版ですが、上手く事が運べば旅行しながらでも稼ぐことができると考えています。

 

(3)アマゾンアソシエイトを貼り付けて成果報酬を得る

ウェブサイト、あるいはブログを運営管理していれば、簡単に貼り付けることができます。上手く事が運べば、旅行中でも眠っているときでも自動的に稼いでくれます。

3つの方法の中で一番リスクが少なくて、一番始めるのが簡単で手間も必要としない方法だと思います。

エカワ珈琲店は、アマゾンマーケットプレイス出品手数料の赤字を、アマゾンアソシエイトからの収入でほとんど補てん出来ています。