江川珈琲店のブログ

「エカワ」は音声検索で表示され難いようなので、またまた、「江川珈琲店のブログ」にブログタイトル名を変更しました。

高級ブランドの概念は変化している

f:id:ekawa:20180306110128p:plain

高級ブランドの始まりは、1600年代のフランス財務官僚ジャン・パティスト・コルベールが推進した重商主義政策だと言われています。

彼は、より良い材料を使ってより丁寧に作ったより良い商品を、政府の保護のもと高級品(ぜいたく品)として特定の商人に高価格で独占的に販売させるという手法で、ぜいたく品の販売を奨励しました。

 

その結果として、ぜいたく品を取り扱う商人は巨万の富を手すると同時に、巨額の税金を政府に納めることで国家財政が潤いました。

時代が流れて、工業主義の時代となって、文字や図形を使った商標を用いてぜいたく品(高額商品)を独占的に販売するという手法が登場しました。高級ブランドの登場です。

高級ブランドの意味(価値)を表現する方法として、文字や図形が、製品(商品)と同じくらい重要な存在になったわけです。

 

高級ブランドが登場する以前は、ぜいたく品(高級品・高額品)に何も特別な意味(価値基準)が存在しなかったのだと思います。

ぜいたく品の基準が存在していないわけですから、ぜいたく品の選択作業は大変難しかったわけです。それが、高級ブランドの登場によって、ぜいたく品(高級品、高額品)に意味が付加されて、選択作業が容易になったわけです。

 

高級ブランドが登場して始めて、消費者は、ブランド価値に対して余分なお金を支払うようになったのだと思います。

ブランドビジネスは、文字や図形といったロゴを売る商売なのかもしれません。ヘルメスやシャネルやシャンパーニュといった高級ブランドは、20世紀の工業時代になって、その地位を築きあげたわけですから。

 

高級ブランドは、お金持ちの象徴となりました。お金持ちの象徴となることで、高級ブランドはたくさんの付加価値を創造して行きました。

高級ブランドの地位が確立されると、次に、アウトレットモールが登場してきます。それほどお金持ちでなくても、大衆的な価格で高級ブランドの商品を購入できるようになりました。 高級ブランドが、大衆にも手に届く商品となったわけです。

 

誰もが、手軽な料金で高級ブランドを手に入れることができるようになると、高級ブランドに高額の付加価値を支払う消費者が少なくなるのは自然の流れなのだと思います。

H&Mは、高級ブランドのアウトレット商法を取り入れて、有名デザイナーがデザインした商品をお手ごろ価格で販売するという商法で業績を拡大して行きました。そうなると、既存の高級ブランドに高額の付加価値を支払う消費者は、さらに少なくなって行きます。

 

それでも、まだまだ、多額のお金が高級ブランドに費やされています。しかし、高級ブランドのブランド影響力は、確実に低下しているのだと思います。

インターネットの普及で、ブランド影響力のあり方が相当に変化しているのだと思います。

 

現在(2010年代)の消費者は、高級自動車よりも、使い勝手のよいスマートフォンのほうに興味を持っています。高価な高級靴を履くよりも、使用目的に適合した履き心地の良い靴を履きたいと考える人が増えています。

商標や図形というブランドロゴの価値を重視する消費者よりも、商品の機能性を重視する消費者が多くなって来ています。

それにもかかわらず、数多くの企業は、商標や図形というブランドロゴに夢を託しているように見えます。しかし、それで未来が開けるとは思えません。

 

現在(2010年代)の消費者は、最先端の技術や熟練の職人技術によって生み出される、最高の何かを探している可能性が高いのだと思います。熟練の職人技術と、自分だけのオーダー商品に郷愁を覚えている可能性もあります。

高級ブランドが消滅するとは思いませんが、間違いなく、高級ブランドの概念は変化しているのだと思います。高級ブランドがお金持ちの象徴だったのは、もう、過去のことなのかもしれません。

 

例えば、和歌山市で零細生業規模のコーヒー豆自家焙煎店を営むエカワ珈琲店が、これまで集積して来た経験・技術・知識を駆使することで、既存の高級ブランドコーヒーでは味わえなかったコーヒー体験を、和歌山市から全国のお客様に提供できる時代になっているわけですから。

⇒⇒エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆をヤマトのネコポス便でお届けします。 

 

sethgodin.typepad.com