江川珈琲店のブログ

「エカワ」は音声検索で表示され難いようなので、またまた、「江川珈琲店のブログ」にブログタイトル名を変更しました。

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

カリタの業務用電動ミルのハイカットミルは、価格的に一番お手頃、コストパフォーマンスも最高です

 

長年愛用して来た業務用電動ミルの調子が良く無いので、何年かぶりに業務用電動ミルを購入することにしました。

で、ネット検索で業務用電動ミルの価格を調べてみると、カリタの業務用電動ミル「ハイカットミル」が一番お手頃価格だったので、一応、カリタ社で仕様を確認した後、発注しました。

 

ハイカットミルには、受缶がヨコ型とタテ型の2種類があります。定価(上代)は、ヨコ型が65000円でタテ型が66000円です。ヨコ型のほうが見た目が良さそうなので、今回はヨコ型を購入しました。

もちろん、アマゾンで買っても、楽天市場 で買っても、ヤフーショッピングで買っても、定価よりも相当に安い価格で購入できます。

 

ハイカットミルは、長年愛用して来た業務用電動ミルと同じタイプの挽き方を採用していて、粉砕した焙煎コーヒー粉の揃い具合は想像以上のものがあります。粉の大きさがよく揃っているので、コーヒー成分の抽出効率も良好です。

また、1分間で500gの焙煎コーヒー豆を粉砕できる粉砕スピードは、自家焙煎コーヒー豆小売専門店(挽き売りもしています)にはありがたい限りです。(大変、助かっています)

 

何はともかく、カリタのハイカットミルは、自家焙煎コーヒー豆小売専門店であるエカワ珈琲店にとっては、大変コストパフォーマンスの良い業務用電動ミルです。 

ということで、コーヒー豆自家焙煎店や大量の焙煎コーヒー豆を粉砕する必要がある業務店(喫茶店・宿泊施設・レストランなど)が自腹で購入するなら(珈琲屋さんと折半で購入する場合でも)、カリタのハイカットミルを選択するのが無難だと、コーヒー豆自家焙煎店歴30年のエカワ珈琲店は考えています。