江川珈琲店のブログ

「エカワ」は音声検索で表示され難いようなので、またまた、「江川珈琲店のブログ」にブログタイトル名を変更しました。

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

焙煎コーヒー豆の鮮度と保存

 

エカワ珈琲店の珈琲情報館」は、珈琲の基礎知識とエカワ珈琲店を紹介してているサイトです。ホームページ作成ソフト【Jimdo】 で作っています。

エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆は、【おちゃのこネット】 を利用して作成した手づくりサイト「エカワ珈琲店ショッピングサイト」を通じて購入して頂けます。 

 

f:id:ekawa:20180421205107p:plain

ローストが終了して焙煎機から排出されたその時から、焙煎コーヒー豆の品質変化 が始まります。焙煎コーヒー豆のままなら約1か月、粉に粉砕すれば3日~5日くらいで風味香味の劣化が目立つようになると言われています。

ですから、家庭で美味しいコーヒーを楽しむには、焙煎してから2週間以内の焙煎コーヒー豆を豆のままで、2週間以内に使い切る分量だけ購入するのがベターだと思います。 

 

例えば、毎朝4杯~5杯分のコーヒーを淹れると約30g~35gの焙煎コーヒー豆を使用します。それが14日分だと、420g~490gの焙煎コーヒー豆を使います。

その場合、2週間に1度、煎りたて新鮮な(ロースト日から1週間以内の)焙煎コーヒー豆を売っている店で500gの焙煎コーヒー豆を買うのが、美味しいコーヒーを楽しむ秘訣だと考えています。

 

ちなみに、近くに煎りたて新鮮な焙煎コーヒー豆を売っている店が無くて食品スーパーで購入するなら、ガス抜きバルブ付き袋で包装陳列していて賞味期限設定が短い(袋詰日から2か月くらいに設定している)焙煎コーヒー豆を選択するのがベターだと思います。

 

焙煎コーヒー豆は、保存中に空気に触れたり直射日光にさらされたりすると、あるいは、湿気があったり温度の高い場所で保存すると、風味・香味の劣化スピードが速くなります。

ですから、焙煎コーヒー豆は、密閉した容器(or袋)に入れて、湿気の少ない(orできるだけ乾燥した)冷暗所で保管するのが最適だと思います。参考までに、密閉された容器(or袋)であっても少量の空気(or酸素)を透過しています。

 

なお、焙煎コーヒー豆を豆のまま保存するのが、風味香味の劣化を最小限に抑える絶対必要条件だと考えています。

また、冷凍庫などで凍らせて保存するのは避けるべきだと考えています。温度や湿度の大きな変動は、焙煎コーヒー豆内のコーヒーオイルや細胞構造に悪影響を与える可能性があります。その結果、淹れたコーヒーの香味に悪影響を与える可能性が高くなります。(冷凍庫で保存するなら、小分けが絶対必要条件です)