江川珈琲店のブログ

「エカワ」は音声検索で表示され難いようなので、またまた、「江川珈琲店のブログ」にブログタイトル名を変更しました。

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

ブラックコーヒーとミルクコーヒー(orホワイトコーヒー)

 

エカワ珈琲店の珈琲情報館」は、珈琲の基礎知識とエカワ珈琲店を紹介してているサイトです。ホームページ作成ソフト【Jimdo】 で作っています。

エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆は、【おちゃのこネット】 を利用して作成した手づくりサイト「エカワ珈琲店ショッピングサイト」を通じて購入して頂けます。 

 

f:id:ekawa:20180721140845p:plain

エカワ珈琲店は、自分の店のコーヒー豆焙煎機を駆使して焙煎したコーヒー豆に自信を持っています。

「コーヒーのテイスティングはブラックコーヒーで」が常識です。珈琲屋さんが、ブラックコーヒーにミルクを添加してテイスティングすることは有り得ません。

 

エカワ珈琲店は小規模な珈琲屋ですから、ブラックコーヒーで味わう純粋な香味を追求する商売に徹しています。しかし、シアトル系の喫茶店チェーンや都会の喫茶店では、ミルクと砂糖を添加して飲むコーヒーが消費者に支持されているようです。

名古屋が本拠の喫茶店チェーンも、ミルクや砂糖を添加するコーヒーが提供されています。

 

ブラックコーヒーは、コーヒーを淹れることによって生成する酸味・苦味・甘味・風味を味わうコーヒードリンクで、お茶などと同じ低カロリーの飲み物です。

ミルクコーヒー(orホワイトコーヒー)は、甘味やミルクの味でブラックコーヒーを加工するコーヒードリンクですから、基本的に、ブラックコーヒーの香味・風味よりも甘味やミルクの味が勝っているコーヒードリンクで、カロリーの高い飲み物です。

 

ちなみに、淹れ方や栽培地や精製方法などによって微妙に香味のニュアンスが変化するのがブラックコーヒーですから、栽培方法・精製方法やコーヒー豆が本来持っている酸味や甘味を強調するスペシャリティーコーヒーは、ブラックコーヒーで味わうのが基本になっているようです。

 

ミルクコーヒーのベースとなるコーヒー原液は、エスプレッソコーヒーがほとんどで、ミルクとシロップとコーヒー原液の比率は決まっています。また、酸性度の高くて飲み難いブラックコーヒーは、ミルクを添加すると香味がまやかになって飲みやすくなるとされています。