江川珈琲店のブログ

「エカワ」は音声検索で表示され難いようなので、またまた、「江川珈琲店のブログ」にブログタイトル名を変更しました。

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

ホテルや旅館など、宿泊施設の各部屋にコーヒーメーカーが備えつけられているようになったなら

 

エカワ珈琲店の珈琲情報館」は、珈琲の基礎知識とエカワ珈琲店を紹介してているサイトです。ホームページ作成ソフト【Jimdo】 で作っています。

エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆は、【おちゃのこネット】 を利用して作成した手づくりサイト「エカワ珈琲店ショッピングサイト」を通じて購入して頂けます。 

 

東のキーコーヒー、西の〇〇コーヒーといわれる神戸を本拠とする日本最大のコーヒー企業の幹部社員だった方が、高級ホテルの値段の高いコーヒーよりもコンビニで買う淹れたてコーヒーの方が格段に美味しいと語っています。

 ⇒⇒コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味しいのか

 

1杯100円~150円くらいのコンビニコーヒーの方が、その数倍から10倍くらいの価格で販売されている高級ホテルのコーヒーよりも美味しいという、世にも不思議な現象が発生している理由は、コンビニコーヒーは淹れたてで高級ホテルのコーヒーは作り置きしていることに起因しているようです。

 

高級ホテルを利用する消費者は、高くて酸化した(不味くなった)コーヒーでも我慢してくれるのかもしれません。しかし、普通の都市ホテルやビジネスホテルを利用する消費者は、作り置きしたホテルのコーヒーでは無くてコンビニコーヒーを選択するはずです。一般的な消費者は、便利で高品質でお手頃価格のコーヒーを求めているわけですから。

 

でも考えて見れば、都市ホテルやビジネスホテルが、利用客に淹れたての美味しいコーヒーを簡単に提供する方法は存在しています。それは、ホテルの各部屋にコーヒーメーカーを備え付けるという方法です。

その場合、ホテルは、小分けした焙煎コーヒー豆をお客さんに提供(or販売)することになるのだと思います。もちろん、ホテル以外で焙煎コーヒー豆を調達するお客さんもいると思いますが・・・。

 

Kalita コーヒーメーカー ブラック ET-102

Kalita コーヒーメーカー ブラック ET-102

 

(※)宿泊施設に備え付けるコーヒーメーカーですが、このクラスのコーヒーメーカーで十分だと思います。というよりも、このクラスのコーヒーメーカーが、お客さんにとって一番使い易いと思います。 (参照:コーヒーメーカー購入ガイド)

 

アメリカの宿泊施設では、宿泊施設の各室にコーヒーメーカーを備えつけるのが当たり前になっているそうですから、日本の宿泊施設でも、近い将来、各室にコーヒーメーカーが備え付けられているのが当たり前になると推測しています。

宿泊施設が喫茶室や食堂で売るコーヒーについては、入札などを経て採用される特定の珈琲会社の焙煎コーヒー豆を使っているわけですが、お客さんが焙煎コーヒー豆を購入するとなると、お客さんに幾つかの選択肢を提供する必要が出てきます。

 

ということで、地元資本の宿泊施設はもちろんのこと、例え全国チェーンの宿泊施設であっても、焙煎コーヒー豆の選択肢の中に地元の珈琲屋さんの焙煎コーヒー豆を取り揃えるようになるだろうと考えています。

その際、もしかしたら、地域の自家焙煎コーヒー豆小売店であるエカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆も、その選択肢の中に入れてもらえるかもしれないと考えている今日この頃です。

 

でも、70歳間近の高齢者が営む小規模なパパママ店が、そのような商売に対応できるだろうかとも考えてしまいます。やはり、アマゾンを利用した通信販売など、インターネット通販中心の商売に精を出していたほうが無難なのかもしれません。