江川珈琲店のブログ

「エカワ」は音声検索で表示され難いようなので、またまた、「江川珈琲店のブログ」にブログタイトル名を変更しました。

日本、アメリカ、ヨーロッパの喫茶店チェーンBEST4

世界的に街でコーヒーを楽しむことが流行していて、世界中の国々で喫茶店チェーンが成長を続けています。

田舎の珈琲屋のおやっさんの独断と偏見に基づく判断基準で、日本とアメリカとヨーロッパの喫茶店チェーンBEST4を書き出してみました。なお、その独断と偏見に基づく判断基準ですが、基本的に好き嫌いに基づいています。

 

日本の喫茶店チェーンBEST4

(1)スターバックス

日本で展開している喫茶店チェーンの中で、店舗数・売上・収益のすべてでトップにあるのがスターバックスだと思います。

(2)ドトールコーヒー

スターバックスコーヒーに次ぐ店舗数を展開している喫茶店チェーン。

(3)コメダ珈琲

名古屋が本拠の喫茶店チェーン。モーニングサービスとシロノワールが有名。

(4)タリーズコーヒー

シアトル系のカフェチェーンから日本でのライセンスを買い取って、日本で600以上の店舗を展開している伊藤園傘下の喫茶店チェーン。

   

アメリカの喫茶店チェーンBEST4 

(1)スターバックス(Starbucks)

スターバックスコーヒー創業の国はアメリカですから、店舗数もお客さんの動員数も売り上げも他の喫茶店チェーンを圧倒しています。

(2)ダンキンドーナツ(Dunkin' Donuts)

喫茶店チェーンと言えばスターバックスコーヒーのアメリカで、首位に相当離されているようですが、ドーナツチェーンのダンキンドーナツが頑張っているようです。

(3)ティムホートンズ (Tim Hortons)

カナダのドーナツを得意とする喫茶店チェーン。カナダに約3000店舗、アメリカに約600店舗を展開しているようです。 

(4)カリブーコーヒー(Caribou Coffee )

ドイツ資本のJABホールディングの傘下に入っています。スタンプタウンコーヒー、ピーツコーヒー、インテリジェンシアコーヒーもJABホールディングの傘下に入っています。

 

ヨーロッパの喫茶店チェーンBEST54

基本的に、イギリスで人気の喫茶店チェーンの中から選択しています。インターネットを使って調べていると、何故か、イギリスで人気の喫茶店チェーンが目に付きます。

(1)コスタコーヒー(Costa Coffee)

イギリス最大の喫茶店チェーンで、ヨーロッパでの店舗数はスターバックスを上回っています。2018年8月末、コカコーラーの傘下に入ったというニュースが流れていました。

 (2)スターバックス(Starbucks)

世界中どこでも見かけるのが、スターバックスコーヒーです。見知らぬ土地でスターバックスコーヒーの看板を見つけると、何故か安心するという話を旅行好きの人から聞いたことがあります。

 (3)カフェ・ネロ(Caffe Nero)

1997年に開業したヨーロッパ風の内装が売り物の喫茶店チェーン。2017年末でヨーロッパに755店舗展開しているそうです。

 (4)グレッグス(Greggs)

主にイギリス国内でチェーン展開しているベーカリーショップで、コーヒーにも力を注いでいるとのことです。