江川珈琲店のブログ

「エカワ」は音声検索で表示され難いようなので、またまた、「江川珈琲店のブログ」にブログタイトル名を変更しました。

アメリカの独立系喫茶店で売れているコーヒー商品/2017年6月~2018年6月

f:id:ekawa:20181001172658j:plain

Square + ☕️☕️☕️ = ❤️のページから引用した写真です

2018年9月27日付けでDaily Coffee News は、インターネットを利用したクレジット決済システムで知られているSquare(スクウェア)とSCA(スペシャルコーヒー協会)が、独立系喫茶店に関する数々のデータを公開していると報道しています。

 

Square(スクウェア)は、アメリカで数千以上の独立系喫茶店が採用しているインターネットを利用するクレジット決済サービスです。そのSquare(スクウェア)とSCA(スペシャルコーヒー協会)が協力して、独立系喫茶店のトレンドに関係するデータを幾つか公開しています。データの収集期間は、2017年6月~2018年6月です。

 

(1)オートミルク(orオーツミルク)

牛乳の代替ミルクとしてアーモンドミルクが人気ですが、オーツ麦を原料とした植物性ミルクの人気が高くなっています。前年比45%増の勢いで、オートミルク(orオーツミルク)のカフェラテを注文するお客さんが増加しているようです。

 

(2)凍らせたカフェラテ

アメリカ合衆国では、独立系喫茶店でもカフェラテが一番人気のようです。特に、フリージングラテ(凍らせたカフェラテ、凍らせたコーヒーをフードプセッサーなどで粉砕して作るカフェラテ?)に人気が集中しているようです。

カフェラテの値段は、400円~500円くらいで平均価格は450円くらいとなっているようです。

 

(3)エスプレッソとミルクで作るコーヒー飲料

過去1年間で、フラットホワイトが約40%、コルタードが30数%の売上増となっています。 

フラットホワイトは、オーストラリアやニュージーランドで人気のあるミルクを使用するエスプレッソベースのコーヒーです。

コルタードもエスプレッソをベースとしたコーヒードリンクで、牛乳とエスプレッソコーヒーの比は1対1~1対2、エスプレッソを作ってから牛乳を加えて作るそうです。

 

(4)コールドブリューコーヒーとアイスコーヒー

どちらも冷たいコーヒーですが、氷を入れたコップに熱いコーヒーを注いで作るアイスコーヒーよりも、冷たい水の中にコーヒー粉を長時間浸漬させて作るコールドブリューコーヒーの方が売れているようです。

2010年代の前半、アメリカ合衆国でも、冷たいコーヒーと言えばアイスコーヒーだったようです。しかし、近年は、完全にコールドブリューコーヒーを注文するお客さんが多くなっているようです。

f:id:ekawa:20181001172733j:plain

 

関連記事

Square (スクエア)について調べてみました。参考にして頂ければ幸いです。