江川珈琲店のブログ

「エカワ」は音声検索で表示され難いようなので、またまた、「江川珈琲店のブログ」にブログタイトル名を変更しました。

焙煎プロファイル作成ができるサンプルロースター、パナソニックから発売

(※)画像をクリックすると、パナソニックストアーのサンプルロースターのページが表示されます

 

去年(2017年)の秋、パナソニックが発売したスマート焙煎機The Roast は、コーヒー豆焙煎大会の世界チャンピオンの後藤 直紀さんが作成する焙煎プロファイルに基づいてコーヒー豆を焙煎するシステムになっていて、その焙煎プロファイルを手に入れるには、相当に割高なコーヒー生豆を購入する必要がありました。

 

コーヒー豆焙煎のプロやマニアの場合、自分で焙煎プロファイルを作成できる機能が無ければ、何の意味もありません。

世界中でIKAWAのサンプルロースターが売れているのは(参考1)、コーヒー生豆の焙煎プロファイルを自分で、「ああでもない、こうでもない」と何回何回も焙煎しながら、最終的に気に入った焙煎プロファイルを作成できるからだと思います。

   

これまでも、これからも、家庭用コーヒー豆焙煎機を購入して、コーヒー生豆をオンライン通販で購入して、自宅でコーヒー豆の焙煎を楽しむ人たちは、コーヒーマニアかコーヒーのプロに限られると思います。

朝の一杯のコーヒーを楽しむという理由で家庭用コーヒー豆焙煎機を購入する人は、相当に珍しい存在のはずです。

 

ということで、パナソニックのスマート焙煎機The Roast を、一体誰が買うのだろうかと興味本位で見ているわけです。

そのパナソニックが、約25万円とちょっと価格が高いようですが、スマート焙煎機The Roast に改良を施してサンプルロースターとしても使えるタイプを12月中旬に発売すると発表しています。

The Roast Expert サービス(ザ・ロースト エキスパート サービス)というのだそうです。

 

パナソニックのショッピングサイトパナソニックストアー (←パナソニックのショッピングサイトのサンプルロースターのページにリンクしています)で販売するのだと思います。現在、ストアーは、予約販売中となっています。

もし興味があるなら、パナソニックストアー (←パナソニックのショッピングサイトのサンプルロースターのページにリンクしています)をご覧になれば、詳細を確認できます。

パナソニックのサンプルロースターも、IKAWAのサンプルロースターと同じで、アイフォーン専用プログラムを使っているので、アンドロイドのスマートフォンやタブレットでの焙煎プロファイル作成はできないようです。

 

エカワ珈琲店の経営者夫婦が持っているスマートフォンは、どちらもアンドロイド仕様ですから、パナソニックのサンプルロースターを購入するとなると、アイフォーンに切り替える必要があります。それと、先に購入したい家庭用焙煎機(参考2)もあります。

しかし、50~60gのコーヒー豆で焙煎プロファイルを試行錯誤できるというのは、相当に魅力的です。それに、価格は25万円とちょっと高いですが無利息30回分割払いで購入できるようですから、今すぐとはいきませんが、近い将来、購入する可能性が高いだろうと考えています。

   

参考or関連記事

(参考1)

今日のエントリー記事は、アフエイト的要素を持っている記事ですが、この記事はアフリエイト目的の記事ではありません。

(参考2)

 1台数万円と、手頃な価格の家庭用コーヒー豆焙煎機だと思います。